ラパラ Jシリーズ

今日はジョイントラパラの話。

まず、マイコレクションから 📷 写真では確認しずらいですが、新しいモデルからオールドまで混在してます・・

なぜ、今回、ラパラの代名詞的存在であるカウントダウンを紹介せず、ジョイントを紹介するかと言うと、理由は、「好きだから」📷 1匹、1匹、どの娘も可愛く見えてきませんか?

📷 特に口紅をしていらっしゃるFJ-5(写真下)&FJ11(写真上)!! この娘達は特にお気に入り★みなさん御存じの通り、口紅FJシリーズは1985年以前に誕生した熟女です★また、写真上のGFRカラーは、現行のGFRと比較すると、つや消しになっており、歴史を感じさせます。ちなみに1980年代半ば以前のGFRは、全てつや消しになっています(^-^)

そしてそして、結構レアなのが、これ!! 📷 CDJ-7!!!ジョイントタイプのシンキングミノーです。2013年1月から再販されているモデルですが、写真の物は何年のモデルなのか?所有者である自分もわかりません(^・ω・^)わかる人、教えてください・・・・。

これら、ジョイントミノーシリーズは、J-5を主とし、2012年から本格的に再販されており、今現在も一部のアングラーから強い支持を受けております。支持される理由は、やはり、巻くだけで釣れるから!!一般的なミノーは、トゥイチングやダートアクション、リッピングなどのアクションを必要とするものが多く、操作が面倒くさい!また、それらのアクションをする際に発生する糸鳴りは、魚に無駄なプレッシャーを与える可能性があります。その事から、ハイプレッシャーレイクでのバス釣り、管理釣り場でのトラウトゲームでは、釣果に差を出す事が多いです。ジョイントミノーを一般的なミノーと同一のカテゴリーで比較することは、間違いかもしれませんが、これが現実です。ミノーにアクションをかける事で、魚のリアクションバイトを狙う手段も確かに有効ではあるのですが、それが悪い結果に繋がるケースもあるということを知っていていただきたい。自分的には、ジョイントミノーはジョイントミノーカテゴリーだと判断し使用しており、一般的なミノーで釣れないときに、切り札として登場させることが多いです。みなさんは、どのように使い分けますか?

TOP l BLOG l PRODUCTS l PROFILE l GUIDE
  • ブラックFacebookのアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン

Copyright ©  Fishing dependence by keiji yanagidate