浜名湖釣行 平成26年10月11日

本日も前日チェックした松見ヶ浦周辺の状況を把握するため、浜名湖に行ってきました。釣行開始時は満潮の潮止まり状態。流れが無いものの水面にベイトフィッシュの反応があったので、グラスミノーSのジグヘッドで様子をみていると、30cn程度のシーバスがヒット。小型であれば、数釣りができると思ったのですが、続かない・・・。そんな中でも潮が動き始めると、近くで70cmオーバーのシーバスを上げている人がいたので、購入したばかりのこいつで勝負してみました。 📷 メガバスのX-68!! 小型ボディーにも関わらず、かなり飛ぶ!!アクションはタイトウォブリングで、流れのある状態でも安定して動きます。細かい振動がロッドまで伝わるので、夜間などでルアーの動きが把握しにくい状況でも、かなり扱いやすいミノーだと思いました。リトリーブした際にイレギュラーアクションをすることが少ないことから、ナイトシーバスなどで、ただ巻き中心の釣りを展開したい場合に優れています。(デイゲームにて、トゥイッチング&ジャーキングしたときの動きも確認しときます。)

さて、肝心の釣果ですが、見事にバラシまくりで終了しました。敗因は、ロッドが硬すぎたことかな?バイブレーションの釣りを想定し、MLクラスのロッドを使用したことから、フッキングまで持ち込めませんでした・・・(汗)次回は、F2-66XSを使用してリベンジしてきます!!

7回の閲覧
TOP l BLOG l PRODUCTS l PROFILE l GUIDE
  • ブラックFacebookのアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン

Copyright ©  Fishing dependence by keiji yanagidate