琵琶湖釣行 平成28年3月27日

こんばんは!! 昨日告知した通り、今日は琵琶湖にオカッパリゲームで行ってきました。 今週前半までは気温も高く、バスの活性も高かったと思いますが、後半に入ってから急激な気温低下がありバスの活性が低いことが予測されましたが、まさかここまで低活性とは・・・(汗)。 でも、それも春のバスフィッシングらしいなと思いながら満喫してきましたよ♪

さて、早速報告ですが、今日は大津→雄琴→近江舞子内湖の順で周ってきました。 朝方に入った大津ですが、気温3℃水温11℃でした。かなり厳しい状況ですよね・・・。 📷 それでも少しの可能性を信じてエリアに入るも、朝から釣り人が多く、自分の入りたいエリアに入れず・・・(泣) しかーし!!!!到着して直ぐに、 📷 同行した菰田くんが見せ場を作ります!!! ヒットルアーは、スイングインパクト3インチのヘビキャロ。 かなり幸先の良いスタートだったので、後に続く気が満々でしたが、その後はノーバイトノーフィッシュw どうやら、朝方に稚鮎が岸に寄るので、それに付いてきた回遊バスを拾っていかなければ全然釣れないような感覚でした。 チャンスは8時くらいまでといったところでしょうか。

その後、雄琴に入り、ヘビキャロやらテキサスリグを試すも反応なし!! 最終手段でスピニングタックルを握り、ここぞというポイントを丁寧に探ると、 📷 なかなか良い魚さんが居るじゃないですか!! 📷 ヒットルアーは、マイクロクローラーのダウンショットです!! 渋った時は、やはりライトリグ!!釣るためには手段を選んではいけませんwww

その後、もう1匹追加して、夕方は今後の下見を兼ねて近江舞子内湖へ行ってきました。 📷 駐車場とトイレが完備されている最高の釣り場なんですが、非常に浅い湖なので、気温低下の影響を受けてしまい、魚の気配なし!結局、ここでは魚の顔を見ることが出来ませんでした・・・。そして本日も釣り終了です!

今日一日の感想を言うと、琵琶湖はシーズナルパターンを意識した上で、手段さえ択ばなければ、渋い状況でも釣れる!! 来週、再来週あたりは、もう少し魚の活性も上がっているはずなので、今よりも簡単に魚に出会える!!かもw

0回の閲覧
TOP l BLOG l PRODUCTS l PROFILE l GUIDE
  • ブラックFacebookのアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン

Copyright ©  Fishing dependence by keiji yanagidate