バスジャッカー(ダイワ)

今日もオールドタックルの話 テーマはこちら!!

バスジャッカー(ダイワ)※フックは交換しています。本来は、スナップリングなしです。 発売は1979年頃、発砲素材を使用したディープクランクで、独特のカラープリントが特徴です。 ラインナップカラーは5色くらいだったかな? 発売当初より、2サイズがラインナップされ、探るレンジにより使い分けが可能でした。 当時の他社のプラグと比較しても、なかなか作りこまれたルアーです!
腹部には、ウェイトを埋め込んだ後が残っています。
ラインアイも特徴的。

動きは・・・ 発砲素材を使用しているため、バランス設定が難しかったらしく、製品ムラが非常に激しいです。(汗)

その影響からか、1984年からは、プラスティック素材のバスジャッカーⅡが発売されました。

こちらは初代よりも安定して動きます。ラインナップカラー10色程度と、大幅に増えたのも特徴です。

初代のバスジャッカーは貴重ですが、1984年以降のバスジャッカーⅡは入手しやすいので、中古で見つけたら購入してみては?