HAZEDONG MAGNUM (megabass)

かなり昔から販売されているハゼドンシリーズの中でも、自分が愛用しているのがこれ! 📷 じゃなくて・・・ 📷 ハゼドンマグナム(メガバス)

このハゼドンシリーズですが、3インチ、3.5インチ、4インチがラインナップされています。 昔は、チビドン・オリジナル・ママドンと愛称もありましたが、現在は、どうなのでしょうか? メガバスのHPを見る限り、その愛称は出てきていません・・・。 ただ、ハゼドンマグナムの紹介を見ると、「パパドン?」と紹介されているので、問題はないかと思われます。

さて、このハゼドンマグナムですが、基本的な使用方法は、ノーシンカーによるスイミングです。 トゥィッチやダートアクションをさせると、異常な程イレギュラーなアクションを生み出す事が可能です。 広大なウィードエリアやカバーの上をリトリーブするときは、このような使用方法をしますが、夏の真昼間でバスがカバーに潜んでいるようなシチュエーションでは少し違った使用方法をします。 それが、ライトテキサスリグです。 その理由として、 ①高比重マテリアルであるため、カバーを貫通させやすい。 ②ストレート形状のため、カバーやウィードのすり抜けが良い。 ③ライトテキサスで使用することで、ハゼドン独自のイレギュラーアクションを十分に発揮できる。 この3つが大きな理由です。

使用する際の注意点としては、高比重を実現させるため、ボディー自体がかなり硬いです。 そのため、フックアップ率を向上させるために、フックサイズを大きめの♯4/0以上を使用することをお勧めします。 また、食い込みを重視するために、可能な限りテキサスシンカーのウェイトを軽くすることです。自分は、カバーの濃さにもよりますが、3.5g~5gのシンカーをメインで使用しています。

興味がある方は、是非使用してみてくださいね♪

2回の閲覧
TOP l BLOG l PRODUCTS l PROFILE l GUIDE
  • ブラックFacebookのアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン

Copyright ©  Fishing dependence by keiji yanagidate