最近購入したルアーの紹介とメタルバイブのアクションによる使い分け方法。

こんばんは! 最近はナイトシーバスのメタルバイブパターンにハマっているので、メタルバイブばかり購入しています。 主に購入しているのは、Bassdayのレンジメタルなんですが、時々、他の製品も試しています。 例えば、 📷 gustonのジグバイブ。 先日の釣行で使用したのですが、使った感じではワイドアクションのレンジメタルと全く違ったルアーであって、かなり控えめのタイトローリングアクションでした。 アクションが違うということは、使用方法も全く違ったものになります。 以下に、自分なりの使い分けを書きますね♪

ワイド系 この手の鉄板は普通のリーリングスピードでは動き過ぎてしまうことが多いです。シーバスは、ブラックバスと違って、ワイド系アクションを好みません。なので、普通のスピードで巻くと良い釣果が得られにくいと考えています。 ただし、良い見かたをすれば、スローに巻いても、しっかりとアクションしてくれるということです。スローリトリーブをすると自然とボトム付近を丁寧に探れます。その結果、シーバスがボトム付近でネコマタを捕食している場合は、間違いなく効果を発揮します。最近の浜名湖シーバスのメインベイトはネコマタなので、自分はワイド系のメタルバイブを使用することが多いです。

タイトローロング系 今回購入したgustonのジグバイブは、こっちの部類に入ります。ワイド系のメタルバイブと全く違って、ゆっくり巻くと動きません。少し早めに巻くと、しっかりと動くため、中層~表層に居るシーバスを狙うときは迷わずにこっちを選択します。中層~表層を漂うボラや鰯がメインベイトのときに効果を発揮することが多いです。

以上の事を整理すると、メインベイトの居るレンジで使い分けをすれば良いということです。 ルアー自体のウェイトでレンジを調整する方法もありますが、ウェイトを重たくするとルアーのサイズやシルエットが大きくなるので、自分は好みません。今回、購入したgustonのジグバイブは他のメーカーのジグバイブと比較しても安価であるので、もう少し使い込んでみます。良い釣果が得られれば報告しますね♪

TOP l BLOG l PRODUCTS l PROFILE l GUIDE
  • ブラックFacebookのアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン

Copyright ©  Fishing dependence by keiji yanagidate